HOME>オススメ情報>相続対策&相続税対策は税に詳しい専門家に依頼をするのが得策

相続税とは?

相続税とは、相続や遺贈などにより財産を得た人にかかる税金のことをいいます。相続税の金額は、相続をした金額が大きくなるほどかかり、金額などによっては相続税がかからない場合もあるのです。また、不動産などを相続した場合、相続税を払えずに結局不動産を売って相続税を払うケースもあります。

相続対策に有効な方法3選

お金

贈与を相続対策に利用する

相続税対策として、暦年贈与を行っていく方法があります。贈与とは、無償で個人に財産を譲ることです。贈与には、贈与をされた側に贈与税がかかります。しかし、毎年1月1日から1年間の間に贈与された財産が110万円以下の場合は、贈与税はかかりません。このため、毎年110万円以下に抑えて計画的に贈与していけば相続対策になります。

現金は残さず不動産などにする

相続税対策をせずに、多額の現金などを残すと多額の相続税がかかります。現金を手元に残しておくと安心するため、多額の現金を手元においておく人がいますが、相続対策にはまったくなりません。不動産にはいろいろな特例があるため、現金は残さずに不動産などにしておけば節税になるのです。

更地は残さない

不動産を持っていても更地のままにしておくと、多額の相続税がかかります。更地はそのままにしておかないで賃貸用の住宅などを建てると、特例により土地の評価額は下がります。土地の評価額は、基本的には路線価が対象評価額になります。更地にしておかなければ、特例によりその評価額から減額される場合があるのです。

相続対策&相続税対策は税に詳しい専門家に依頼をするのが得策

説明

相続税対策を税理士に依頼するメリット

相続を考えたら、相続税対策をしないと莫大な税金がかかっていまいます。しかし、大抵の人は、相続税の知識がないためにどうやって相続税対策をしていいのかがわかりません。そのため、相続税対策をするために税理士に依頼をすると良いでしょう。税理士は、税金の専門家のためどうすれば相続税額を低くおさえるかを考えてくれます。生前の贈与やどのように不動産を活用すればいいかなど、税理士に依頼するとうまく相続税対策ができるというメリットがあるのです。