税務調査の基礎知識

税務調査とは、国税庁や税務署などが申告した人の内容が正しいかどうかを調査することをいいます。そして、納税者の申告内容が間違っていた場合は、是正させるのを目的としています。調査する税金の種類は、所得税や法人税や消費税などのすべての国税が対象です。

強制調査と任意調査の違い

強制調査とは

強制調査とは、税務調査の中の一種で悪質な脱税などが疑われる場合などに実施されます。強制調査は、国税犯則取締法に基づいて行われるものです。そしてその方法は、国税局査察部が裁判所の令状交付を受けて行われます。

任意調査とは

任意調査も税務調査の中の一種で、国税通則法に基づいて行われます。任意調査の方法は、納税者の同意を得て、質問検査権が認められている範囲内で税務調査官が質問をすることにより行われます。ただし、理由もなく任意調査を拒否した場合には、罰則もあるのです。

税務調査の対応は税理士に任せよう!

税務調査が入ることになった場合、会社の社長などの税務についてよくわからない人が立ち会いをしても会社にとって不利になるだけです。そのため、税務調査には、税理士に任せた方が良いでしょう。税理士に任せることにより、調査も長引かず不要な追徴課税の回避ができる可能性があります。

インターネットを使った税理士の探し方

貯金箱

ホームページを検索する

多くの税理士がホームページやブログなどを使って、自らの事務所の考え方や方針などを公開しています。じっくりとホームページなどを見てみると、その税理士の税金に対する考え方がわかり、自分に合っているかを判断することができるのです。

口コミを利用する

インターネット上では、税理士を利用した人などが口コミを投稿する場合もあります。すべてが正しい情報とはいえませんが、口コミにより良いところや悪いところなどがわかる場合があるのです。口コミを見ることにより、税理士選びの参考になることもあるでしょう。

比較サイトの利用

数は多くないのですが、税理士を選ぶために料金などの比較や、税理士を紹介してくれるサイトがあります。税金の知識がなかったり、税理士の知り合いがいなかったりする場合などは、税理士を選ぶことはとても難しいことです。そのため、このようなサイトを利用するのも良いでしょう。

税理士依頼で安心【企業の税務調査はプロに任せておこう】

お金

税務調査の対応を税理士に依頼した場合の費用目安

自社に税務調査が急に入ることになった場合、顧問契約を結んでいる税理士がいれば問題ありません。しかし、顧問契約を結んでいる税理士がいない場合は、専門家無しで税務調査を受けることはとても危険なため、税理士に立ち会いを依頼するのが良いでしょう。しかし、税務調査が入る場合に税理士に立ち会ってもらう費用の相場はどのくらいなのでしょうか。
税務調査には事前の準備が必要ですし、準備にかかる時間もそれぞれです。また、修正があった場合にかかる時間もそれぞれです。そのため、一概にはいえませんが、だいたい1日3万円から5万円が相場といえるでしょう。

広告募集中